研数学館 トップページへ
財団紹介事業内容お知らせお問合せ交通案内サイトマップ

TOP > お知らせ > 第135回 算数・数学講演会のお知らせ
テーマ : データの活用領域の理論と実践
  • _時 : 平成30年4月29日(日)  午後1時20分〜4時40分
  • _所 : 一般財団法人研数学館 B館  (東京都千代田区西神田2-7-13
  • 参加費 : 無 料 (要申込・定員有)   
  午後1時20分〜4時40分    
 1.「データの活用」設置の背景と求められる授業像について
講師 : 青山和裕先生(愛知教育大学准教授)
 新学習指導要領で「データの活用」領域が設置され統計教育の充実が図られた背景について,IoTやAIの普及など近年の社会構造の変化についても触れながらお伝えします。その上で,求められる授業やポイントについて,具体的な教材や小・中・高等学校での実践事例を交えながらお話しさせていただきます。 
 
 
 2.データを活用する目的と、活用したくなる気持ちの持たせ方が授業づくりのポイント
講師 : 細水保宏先生(明星学苑教育支援室長兼明星大学客員教授・明星小学校校長)
 新学習指導要領では、統計領域が重視されています。統計に関する知識や処理の仕方をただ身につけるのではなく、生きて働く力として身につけていくことが大切です。そのための授業づくりのあり方を、「目的」「表現・処理のよさ」「表現・処理していこうとする意欲と態度」といった観点から考えてみたいと思います。
 
 
 3.「データの活用」についての基礎知識
講師 : 盛山隆雄先生(筑波大学附属小学校教諭)
 統計とは、全体を見るための道具という捉え方ができます。「データの活用」領域が設定された今、その全体を見るための道具である統計について、小学校段階で学習する知識をおさらいしたいと思います。具体的には、グラフの種類とその目的・特徴や、平均値の意味、そして、統計グラフとデータとの関係などについてです。
 
※ 参加ご希望の方は、こちらよりお申込みください。折り返し参加票をお送り致します。
※ 当日ご参加いただいた方には、修了証をお渡しします。
※ 会場の都合上、定員に達しましたら締切とさせていただきます。

Copyright(C) Kensu Gakkan Foundation. All Rights Reserved.